小児歯科の治療なら、埼玉県朝霞市 はっとり歯科医院へ

スタッフブログ
イベント情報

小児歯科

「うちの子供、すっごく歯医者が嫌いなんです・・・」

小児歯科 このように思われているお父様、お母様は大変多いです。

嫌がるお子様を歯科医院にお連れになるのは、お父様、お母様にとりましても、ご心労かと思いますが、私達は自分の歯を28本(親知らずを入れたら32本)しか持つ事が出来ず、歯は一度削ったり、抜いてしまえば、二度と生えてくる事は無い、掛け替えの無い“財産”なのです。

そして乳歯はお子様の発育期の成長に関わるだけではなく、例えば、乳歯の段階で虫歯がある場合、その虫歯が永久歯になっても移るという事があります。永久歯を長年良い状態にされるためにも、小さい頃からの定期的な来院が有効です。

痛くなる前から定期的に検診に来られる方が、お子様ご本人はもちろん、お父様、お母様のご苦労も、ぐっと軽減されるのです。

小児歯科
  • 『うちの子供、歯を痛がってるわ・・・』
  • 『学校検診で、虫歯がある事が分かった』
  • 『子供の歯にフッ素を塗って欲しい』
  • 『うちの子の歯並びが気になる・・・』
  • 『子供が怪我して、歯が欠けてしまった!』

このようなお父様、お母様は、出来るだけお早めにご来院下さい。

当院の小児歯科3つの特徴

1. 女性歯科医師が常時、勤務しております

小児歯科 お子様によっては女性歯科医師が対応した方が、診療がスムーズに進む場合があります。

当院は女性歯科医師が常時勤務しておりますので、安心してお子様をお連れ下さい。

2. 高い頻度で矯正専門医が勤務しております。

小児歯科 一般歯科医院においては、院長(歯科医師)が矯正治療をやっておらず、どこかの矯正専門の歯科医院を紹介されるか、その歯科医院に1ヵ月に1回程度勤務している矯正歯科医師に合わせて患者も来院するかの、どちらかになります。

しかし、当院は1週間で2~3日、矯正専門医が勤務しておりますので、安心してご通院頂けます。

矯正歯科治療に関しての詳しいご案内はこちらをご覧下さい。

3. 幅広いスペースでプライバシーを守ります。

小児歯科 「近所の親御さんに、うちの子の症状を知られたくないわ…」と、多くのお父様、お母様が望まれます。当然の事です。

当院は、ユニット(治療するイスの事を、このように呼びます)毎の間隔が広く、半個室のような空間ですので、お子様の症状が他の患者様のお耳に入る事の無いよう、十二分に配慮しております。
ご安心下さい。

小児歯科に関してよくあるご質問を、服部院長にインタビューしました!

小児歯科

「小児歯科」と言っても、子供が何歳になったら歯科医院に連れて行くのが良いのですか?

早い子ですと、当院では1歳のお子様も来院されます。

私としては、遅くても3歳までにはご来院頂きたいです。

え!?そんなに小さい頃から子供を連れて行く方もいらっしゃるんですね。
それは驚きました。ちなみに、何で「3歳」なのですか?

乳歯が生えそろう時期が3歳くらいだからです。

親御さんの中には「どうせ永久歯になるんだから、乳歯の間はいくら虫歯があっても、歯科医院に行かなくて良いじゃないか」と思われている方もいらっしゃいますが、乳歯の虫歯は、永久歯になった後にも引き継がれてしまう可能性が高いのです。

小児歯科

そうだったんですね…。私もすっかり「うちの息子は永久歯になってから、歯科医院に連れて行けば良いか」ぐらいにしか、思ってませんでした。

服部先生のお話を聴いて、うちの息子を歯科医院に連れて行きたいと思いますが、子供って歯科医院が嫌いですよね?うちの息子も嫌がるんじゃないかと、とても心配なのですが・・・。

もともと歯科医院が好きなお子様はいらっしゃいません。

どんなお子様でも、泣いたり嫌がったりします。
その度合いがあまりにも強い場合には、その日は診療を行わない事もあります。
その時には「歯科医院に来れただけでも偉かったね!」と伝えます。

そのような事を少しずつ積み上げていくと、大きくなるにつれて、次第に通えるようになります。
確かに個人差はありますが、「歯科医院に通院する」以外の事でも、今は出来なくても、大きくなる事で、殆どの事が出来るようになるのです。

そのような長い目で、お子様と向き合う事が大切だと思っておりますので、どうぞお気軽にご来院下さい。

打撲と外傷について

  • 前歯の打撲で、乳歯の場合は、まずお母さんが怖がらず、口を見てください。
  • 出血している時は、小帯粘膜からか、歯の周りからか、確認してください。
  • 歯が抜け落ちている時は、乾燥させないように牛乳か唾液に浸してお持ちください。
  • 永久歯(乳歯)が抜けた・折れた場合は緊急です。30分以内に受診できる歯科診療所へご連絡下さい。
  • すごくゆれて位置がずれている場合も、ご連絡ください。
  • 少しゆれている、出血している場合は、とりあえずご連絡ください。後日でもかまいません。

フッ素について

フッ素は食品にも含まれている成分で、欧米では水道水に添加されており、家庭の水で虫歯予防が自然にできています。日本では予防の為に、医院で塗る高濃度フッ素を3~6ヶ月おきに、家では低濃度フッ素を歯磨き粉から取り入れてください。

ぶくぶくうがいができるお子さんはミラノールフッ素洗口液を是非ご使用ください。
当院では、歯磨きが好きになるように、たくさんの歯磨き粉を揃えております。

麻酔について

痛くない時の麻酔は絶対痛くありません
3歳ぐらいから泣かずにできます。麻酔は平均3~4時間効いています。必ずさめますので、傷にならないように噛んだり、火傷に気をつけて下さい。

傷になった場合は口内炎となり、非常に痛みます。
傷が治るまで待たないといけませんので、傷口を洗浄にいらしてください。